京都漆塗り職人プロフィール
漆塗り,箔加工の全国対応いたします
漆・箔加工お問い合わせ
フェイスブック
Google+
漆塗り職人「恭」ブログ
漆・メディア掲載
漆修理・漆修復・漆塗り直しのご紹介
2012.12.08更新
松田 漆企画
〒600-8886
京都市下京区西七条北月読町78
TEL 075-754-7075
FAX 075-314-3437

→リンク

漆塗り家庭祭壇

先日、納品を済ませた置き型の什器です。つき板で制作。V字の溝をデザインにチョコレートをイメージされています。V字の溝を金箔加工し、トップコートで仕上げました。京都市内のマールブランシュ様各店舗でご使用いただいております。金箔は定色。落ち着いた光沢と発色が魅力です。

マールブランシュ 置き型什器 金箔加工

ガラスケースに覆われたデスプレイ用の台は黒艶の塗りでご用意です。

背板には唐紙を使っています。

つき板に窪みを設けることで、カラスケースや商品がずれないように工夫しています。

制作工期が約2週間。

 

 

 

マールブランシュ 置き型什器 金箔加工

本金箔の定色を使用した総金箔製の什器を制作です。
金箔加工の後、鏡面のトップコートでコーティング。
丈夫なコーティングで天場にディスプレイ可能です。
高透明ガラスはエッチングで柄入れ。
ガラス越しに金箔を魅せる贅沢な逸品です。
本金箔の定色を使用した総金箔製の什器を制作です。

本金箔定色を約500枚使用です。

内部には冷蔵庫を納めています。

ガラスは現場で仕立てです。

黒塗りのディスプレイ台に背板は唐紙を使用。 照明器具も特殊加工で。

ガラスに施したエッチングの柄が金箔の表面のに影を落とします。

マールブランシュ北山本店http://www.malebranche.co.jp/の新たな顔となる存在感で す。

本金箔の定色を使用した総金箔製の什器を制作です。 本金箔の定色を使用した総金箔製の什器を制作です。